青ペンギンの日記

i46bは基本的に漫画や小説のレビューをします。時として思索した跡を残していくと思います。

【感想】わたし、二番目の彼女でいいから

Re岳先生がラノベの装画と挿絵を担当してるっ!?!?!?!?!?!?!?!?!?

 

 

ちょっとミステリーやりたいのかな

 

内容をざっくり言うと、「主人公の桐島くんは橘さんが本命で、早坂さんのことが二番目に好き。早坂さんはある人が本命で、次に桐島くんのことが好き。そういう二番目同士で付き合っている。二番目に好きだから二番目なりに誠実に付き合いたいけど、本命は他にいて、それに後ろ髪を引かれたりもする。本命が他にいるから、互いに本命への恋を応援する」という感じの話。

つまりは
??


橘さん           ??
↑(1)                   ↑(1) 
桐島くん←(2)→早坂さん
って図式が最初に提示される。

この作品の面白さはこの最初に提示された人間関係が段々違うものに変わっていくことですね。感情の矢印がどんどん変わっていく、あるいは今まで話題にされなかった故に本当のものが見えてくる。そういう風に関係性が開示されていくうちに、主人公が徐々に退っ引きならぬ事態に陥っていて、1巻の終わりには地獄の様相を呈してましたね。
まぁそういうのが好きなので笑顔でいただきましたが。

演出としての設定の見せ方も良いんですね。ミステリー風味というか。最後の最後に全部ひっくり返すようなやつじゃなくて、こまめにそういう要素を持ってくる。主人公の桐島くんはミス研に所属してたり、作中作もミステリーだったり、そういうのが好きなんですね。それを足掛かりに次の話の展開へと持っていくのも上手くって、まったく飽きさせなかった。

要所要所でエロ漫画みたいな展開というか、そういうのを思い出すような展開があったのも個人的には嬉しいですね。ラブコメじゃないから、じとっとしたそういう湿っぽさがある。イケないことって気持ちいいんだろうね。

ただ個人的に気になるのが、早坂さんがなんで主人公のことを二番目に好きなのかなってところ。一番の人に対しては憧れとかなんだろうなぁってわかるけど、じゃぁ桐島くんとかいうメガネがなんで二番目なの?って。ちょっとだけ言及があったけど、いまいち腑に落ちない。でも早坂さんが桐島くんとその憧れの人のどっちが一番好きなのかわからなくなる描写があったし、単純接触効果のせいにしてもいい気はしてくる(微ネタバレ)。早坂さんが、どんどん嫉妬とかの感情で混乱していって病みかけていく様は見ていてとても気持ちいいので、いいぞ!もっとやれ!です。

 

この作品のおかげでしばらくの間、感情がグチャグチャになったし、次巻予告もあったし、続きの気になる作品でした。

【感想】処刑少女の生きる道 6 ―塩の柩―

アニメ化するらしい

思えば文章が理屈っぽいのでアニメだとキャラクターの感情に想像がもてるかもしれない 

 

  

全編通して面白かった。残りが沢山あると頭でわかっていながら次のページでは完結してるんじゃないだろうかと思うほどのギリギリな状況が続いていた。それでも目の前で劇的に変わっていくキャラクターと戦況に目が離せなかった。今までで一番読むのがしんどかったけど、満足度もかなり高い

 

それと今回は今まで隠されていたことが次々と開示されていって、世界観がさらに広がりを見せていった。次の巻でもどうなるか気になる

 

少なくとも大きな区切りがついたことは確かで、第1部完!って言っても過言ではない。大きな変化は旅の目的そのものが変わったこと、メノウに立ちはだかる最終的な敵が変わったこと、目的を共有する人が変わったことかな。
特に新たに同行することとなった人物が面白くって、いい意味で期待を裏切られたような。というのも人災(ヒューマン・エラー)が元の人格を取り戻さないと思っていたからその裏をかかれたから。万魔殿ちゃんすごい好きだったので、マヤになってマノンの服着てって感じのエモエモな変化すごいいいぞ。(ここまで反転)さらには他の人災(ヒューマン・エラー)まで動き始めていてワクワクが止まらない

 

導師との関係にもケリがついて、その感動も一入。お前も人間だったんだな…キラーマシーンかなにかだと思ってたよ…

 

世界観により広がりが生まれた一方でメノウのおかれる状況はより絶望的になり好転する余地が見出せないけれど、だからこそ面白くって次の巻も楽しみだ。

【感想】負けヒロインが多すぎる!

早稲田大学負けヒロイン研究会に触発されて買っちった。

 

 

ガガガ公式サイトからあらすじを引用

負けて輝け少女たち!

クラスの背景である俺――温水和彦は、人気女子・八奈見杏菜が男子に振られるところを目撃する。「私をお嫁さんにするって言ったのに、ひどくないかな?」「それ、いくつの頃の話?」「4、5歳だけど」それはノーカンだろ。これをきっかけに、陸上部の焼塩檸檬、文芸部の小鞠知花など、負け感あふれる女子たちが現れて――? 「温水君。女の子は2種類に分けられるの。幼馴染か、泥棒猫か」「なるほど、大胆な分類だ」……負けてこそ輝く彼女たちに、幸いあれ。負けヒロイン――マケインたちに絡まれる謎の青春が、ここに幕を開ける!

 

 私は負けヒロインが好きで、特に吹っきれないで、くどいくらいに引き摺るのを見ると気持ちよくなってしまう。なのでこうやって負けヒロインをメタ的に捉えて作品に落とし込んでくれるのはすごい嬉しい。

 

この1冊のあいだになんと女の子が3人も失恋していった。そのたびに訪れるなんともいえない感傷がまた良いんだよね…

 

こういうのを上手くできてるのって、主人公がかなりおいしいポジションにいて、一定しているのもある。間接的には関わっても、直接的に恋愛に介入してめちゃくちゃにすることはない。傍から眺める、つまり観測者の役割を与られているわけだ。達観ぼっちと紹介されているが、そうであるために時に読者に想定される気持ちを代弁してくれる。最後の方で少し動いても、「お前はそういうやつだよな…」とある種の愛嬌を感じる造形になっていて、うらやましいかぎりだ。

 

で、個人的にこの作品ですごい楽しかったのは、表紙にいる女の子、八奈見杏菜が失恋したうえにいい具合に嫉妬しつづけて引き摺っていくのを見ることだ。すでに試し読みできる範囲内で彼女は失恋する。その仕方がテンプレートをまんま 沿ったような感じでさ、もうギャグだった。その直後の愚痴や、その後たびたび吐かれる好きだった子の惚気を見ての愚痴が、まさに欲しいもので気持ちよく響く。もうそういったところまでプロの幼馴染だ。敬服する。

 

2巻以降の刊行が決まったらしい。めでたい。今後もどんな負けヒロインが出てくるか楽しみだ。

【少女漫画入門日記 その10】夢色パティシエール

突如マンガMee!にて始まった全話公開!それでイッキ読み。

 

 

ケーキ大好きな女子中学生の主人公がその感受性を天才パティシエに見出されて名門の製菓学園に入学することになる。無論素人同然なので初めのうちは全くなにもできない。しかしながら色々なイケメンに助けてもらたっりして段々上達していくという感じ。それでも彼女には長い間の修練がないため、上手ではないほうですが、彼女にはその天性の感受性と圧倒的な発想力によってカバーしていく。

 

主人公、かなり我慢強くってできないことがわかるたびに努力していくので見ていて応援したくなってくし、彼女の天性の感受性と発想力でどんどん周りを引き込んでいく、夢があるね~

 

ただ、彼女のその実力不足を補うような発想力に嫉妬する人間とかがあまり描かれていなくて、お綺麗な世界だなぁとも思ったり。本編のあとの後日譚にあたるアラカルトで一瞬描かれたけど、周りを暖かくするようなものでそれに見入られてほぐされていってしまう。

 

しかし、全体でみるとそんなに違和感があるものでもないし、スイーツはおいしそうだしで読む手の止めどころがなかなか見当たらない作品だったので、読んで良かったと思える作品。

【感想】リボンの騎士

萩尾望都の『私の少女漫画講義』で少女漫画の走りとして紹介されていたのでそれで読んだ。

 

 

初めと終わりで私の体は女の子なのよと言うわりには、その間はずっと私は男なの女なのと悩むので、ちょっと台無しだなと思ったりもしたけど、全体の出来がすごくよかったのでそんなのに目くじらを立てないで楽しんだほうが良かったなと感じた。

 

男の子の心と女の子の心というのが生まれる前に与えられてそれになるという世界で、女の子の心を与えられうべき子が男の子の心も同時に与えられてしまい、さらに生まれたのが女の子でありながら、王子として振る舞わないといけない立場になければならない、という感じ。

 

そういう世界での話なので男らしさ女らしさというのがかなりしっかりとした形であらわれて、ぶつかりあう。そういう世界でかつ男性の方が権力が強い。話は女性の権利を主張していくようなものを感じた。
少女漫画の源流の一つになりえたのは、女の子でありながら男の子と張り合ってぶつかっていくサファイアの姿だそうです。そういった願いを汲み取れる作品なので納得である。

 

コマ割りがかなり現代のもに近いなと感じた。偏見だが、昔の漫画ほどかなりキツいコマ割りをすると思っていて、しかしこの作品はかなり余裕のある感じ。それでも話がかなりの密度で進んでいく。バランス良い。

 

展開はまさに息をつく間もないという感じ。サファイアが女であることがバレるかもしれない?だけでなく、サファイアが恋している男と結ばれるか?など、複数の話が順番に進展していく。それでいてゴチャゴチャしていてわからね~ってことにならずに、スッキリと頭に入ってくる。すごい上手。

 

短くまとまっていながら、満足度も高くて良かった。

【感想】ガールズ&パンツァー

夏休みだしアニメたくさん観ようと思いたちdアニメストアを契約。ガルパンが期間限定配信してたので視聴

 

anime.dmkt-sp.jp

 

dアニメからあらすじ引用

戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並んで大和撫子のたしなみとされている世界。県立大洗女子学園に転校生、西住みほがやってきた。戦車道が嫌いで、戦車道のない大洗女子を選んだみほ。ところが転校そうそう生徒会長に呼び出され、必修選択科目で戦車道を選択し、戦車道全国大会に出場するよう強要される。しかも、集まったメンバーは個性派ばかり。華道家元の娘の五十鈴華、恋に恋する武部沙織、戦車マニアの秋山優花里、朝に弱い優等生の冷泉麻子…。友達とのフツーの女子高生活を夢見るみほのささやかな願いは叶うのか…?!

 

 内容としてはすごい面白かった

 

細かいところ(あんこうさんチーム以外が異様に直情的だったり、廃校の設定がガバだったり)が少し気になったがそれを上回る面白さ。

 

まずキャラクター原案からただようフェティシズムがアニメで動くキャラクターにかなり丁寧に落とし込まれていたりしていたりして一周まわって芸術的。ぬるぬる動くし動きの緩急のつけ方がうまく、目で見て楽しいものだった。相当コストがかかっている気がする……なによりも可愛い動きをしていた

 

次にカメラワークの技量が高く、映画館のような大きなスクリーンでもないのに迫力があった。最終話の砲台視点で動くカメラはグリグリ動くし砲弾を打ったり打たれたりする振動もあってめちゃくちゃに良い

 

そして熱いストーリー展開。一人では操縦できない戦車、勝てない戦いといった要素が綺麗にハマっていて、友情、仲間意識といった絆を感じさせるものや、主人公をとりまくライバル関係、因縁といったものまで、少年漫画的な面白さを感じた。話全体を通して、西住みほが戦車道が嫌いだったことから最後の「見つけたよ、私の戦車道」までの流れが丁寧で締まりが良い

 

最後にそれら全体をまとめあげたバランス力。ときどき本気で追い詰められてピンチなときに敢えて軽い音楽にすることで重くなりすぎずにあくまで学校行事のひとつである、決して戦争にしない感じがいい塩梅だった。試合の時に通してガチのシリアスな音楽を用いていたらこのようなアニメにならなかっただろう。コミカルさと真剣さの配合が絶妙だった

 

今まで食わず嫌いしていたところもあったので。「ガルパンはいいぞ」の8文字に含められた良さはわからなかったが、確かに良い作品だった。一見の価値がある。ガルパンはいいぞ

【少女漫画入門日記 その9】半神

萩尾望都が描いた伝説的な短編読み切り。たったの16頁でこんなに面白い!とよく聞く。実際面白い。

 

 

萩尾望都の短編集。この作者の短編の中で一番有名だろう。この短編集も表題作がずば抜けて面白かった。

 

『半神』は卵胞の時期にきれいに二分されなかった故、一卵性双生児になりきれずに腰のあたりでくっついて一人として生まれてしまった双子の話。片方は頭が弱いがすごい見目麗しいユーシー、もうひとりは頭はいいがみすぼらしい見た目のユージー。ユージー視点で話が進んでいく。ユージーはその見た目ゆえにユーシーの付け合せでしかなく、満足に生活できないユーシーの介護ばかりしていて、不憫だと嘆き続けたある日、手術で切り離せるという話になった。ユージーは喜んで受け、手術は成功。ユージーの人生は上向きになる。しかしながら、彼女の脳裏には、切り離されて養分を満足に得られなくなり干からびて死んでいったユーシーがいる。彼女の見た目は切り離せる前のユージーそのものだった。豊かになっていくユージーは、それ以降ときどきユーシーがいなくなったことに涙を流す。

 

教訓的な話で、バッドエンドのような感じだが、劇としての落としもうまく、舌を巻く出来栄えである。

 

さて、この短編集のなかで『半神』がもっとも面白いとは言ったが、他の作品のできばえが悪いわけではまったくない。珠玉の短編が集まっている。萩尾望都、まず絵がうまいから手を抜かないで作るとそれだけで見栄えがいいんだよな……それだけでなく少女漫画なのにSF!恋愛話も多いがそれ以上にSFが多い。何なら恋愛はストーリーのスパイスのアクセント。

 

『真夏の夜の惑星』とかかなり面白かったな。兄弟同士、姉妹同士で互いの持っていた複雑な感情をぶつけ合って和解する感じ。それが大きなハスが蕾になって開花するのに重ねられているのとか、モチーフとの重ね合わせもあってキレイだった。

 

別に萩尾望都の作品、美少年の作品ばかりが面白いわけではないんだね……ゴツいおっさんとか爺とかが主要キャラに出てきても上手い〜ってなる。

 

他の短編も読んでみたくなった。『イグアナの娘』とか。